--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/09/13.Wed

エスカ

↓の「ブックスタイル」の箱を作っていて思い出したのですが、
実は以前にもこの形を作ったことがあるのでした。
その割には作り方をすっかり忘れていたのですが・・・。(^_^;)
それは何かといえば、5年ほど前に作った「エスカ」。
私がカルトナージュ、というか布箱というものに出会うキッカケになったものです。
エスカ

エスカは北欧、カルトナージュはフランス、と認識しているのですが
それで合っているのでしょうかねー?
両方とも布箱ではあるのですが、エスカは刺繍のワンポイントが入る、
(しかもフランス刺繍!ひぇ~~~っ)
箱の組み立てにカルトナージュはクラフトテープ使うけれど、
エスカはクラフトテープを使わずグレ-台紙の厚み部分にボンドを付けて組み立てる、
エスカのほうが布を貼る時のコーナーの処理が細かい・・・
といったところが2つの違いでしょうか?
正確にキチンと分かっていないのが悲しいところでございます・・・。(T_T)

エスカを作ってみて最大の難関(?)はなんといってもこの刺繍のワンポイント!
クロスステッチならまだしも、フランス刺繍ですよ、フランス刺繍!
しかも大の苦手なロングアンドショートステッチには泣きが入りました。
エスカ刺繍
刺繍部分のアップをお見せするのもおこがましいのではございますが、
こんな風にウサギさんのステッチが入っています。
ロングアンドショートがもう少し美し~く刺せたら
フランス刺繍ももう少し楽しめるのに・・・と思ったものです。
だからといって練習してみようという気になるわけでもなく。
苦手なものってなかなか手が出ませんね。
今もってフランス刺繍は全然っダメです。

エスカのように布地は無地、刺繍がポイントっていうのも良し、
カルトナージュのようにどんな模様の布を使うかが大きなポイントになるのも良し、
といったところでしょうか。
布箱の奥深~い世界へ入ってしまった私。
布の増殖が目下の悩みでございます・・・。


スポンサーサイト
作ってみました・カルトナージュ編 | Comments(8) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。