--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/09/29.Sat

数奇屋袋

中学の部活で茶道部に入ったムスメ。(「裏千家」だそうです。)
入部の際に個人で持つお道具、帛紗(ふくさ)・古帛紗(こぶくさ)・
懐紙・懐紙入れ・扇子・楊子、それからこれらを入れる数奇屋袋を
用意しなくてはなりませんでした。
細かいものは実家のハハがプレゼントしてくれたり、
デパートで買ったりしたのですが、困ったのが数奇屋袋。
どういうわけか地味~な物しかありません。
茶道ってそれなりの年齢から始められる方が多いからなんでしょうね。
中学生で茶道っていうのは珍しいのかもしれません。
ムスメが「かわいくないのはイヤだ~!」というので、
結局作ることになりました~。

材料はすべて実家のハハの在庫品から調達。
なので費用はタダです~。
こういう時、実家が近いとありがたいです。(*^_^*)

数奇屋袋1
画像を夜撮ったので色がちょっとヘンなのですが。
作り方は
「やさしい袋もの」大澤和子・小林実千世著 主婦と生活社
「茶の袋物」大澤和子・小林実千世著 淡交社
を参考にしました。
本では芯を厚紙で、表布と裏布を接着剤で貼り合せるようになっていましたが、
実家にかなり厚手の接着芯(多分、バッグ用だと思います)があったので
それを使いました。
表布と裏布を貼り合せるのはなんだかなぁという気がしたので、
面倒だったのですが「たてまつり」で縫いとめました。

数奇屋袋2
こんなふうにお道具を入れて使っています。
9月15日が学校の文化祭だったので、それになんとか間に合いました。

7月からパートですが、昔の勤め先で仕事してます。
9時-5時のフルタイムで働くと、家に帰ってから最低限の家事をこなすので
精一杯です。体力無いです~。(^_^.)
お仕事お持ちのお母さん達は立派だなぁ、と改めて思いました。
以前のようにステッチしたり、あれこれ作りたくても出来ないのが
なんとももどかしいです。
何かうまいやり方はないかな~と考えながら、ついつい眠たくなってしまう
今日この頃でございます~。
スポンサーサイト
作ってみました・その他いろいろ | Comments(4) | Trackback(1)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。