--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/14.Mon

ニードルブック交換会

すてっちゃーずの「ニードルブック交換会」に参加しました。

2009ニードルブック交換会1
2009ニードルブック交換会2
2009ニードルブック交換会3
2009ニードルブック交換会4

図案:Just Cross Stitich 2005年4月号より
    Just Nan “Lady in Red Heart”
ステッチカウント:42H×41W
布:Wichelt 32ct Linen (Chell)
仕立て方:「刺しゅう図案帖 暮らしの中のアンティーク」
       高橋 亜紀 著 日本ヴォーグ社

もともとはソーイングケースとして掲載されていた形です。
「開くと四葉のクローバー、たたむとハート」と本に記されており、
すっかりこの形が気に入ってしまいました。
内側のハートのフェルト(針を刺しておく所)は本当は片側だけなのですが、
もう1枚つけてニードルケースにしてしまいました。

ステッチもずっと前から刺してみたかったものです。
布のカウントとステッチカウントからサイズを計算したら
28ctでも32ctでも上手く収まることがわかり、
今回は早い決定となりました。珍しい~っ!

これは余裕で締切りを迎えられる!と思っていたのですが、
8月11日早朝の地震のおかげですっかりペースが狂い・・・。(>_<)
それでもいつもより余裕をもってお送りすることが出来ました。

久しぶりのステッチでなかなか感覚が戻らず、
おまけに本来の指定より目の細かい32ct(本当は28ctの指定)
を使ったせいもあって、結構てこずりました。
クロスステッチのほかにSmyrna cross stitchという
×の上に+を重ねるステッチが所々にあるのですが、
これは32ctではきつかったです。

私の拙い作品は、今回交換会初ご参加のyskmtmrさんへ
お送りいたしました。
気に入っていただけるといいなぁ♪
スポンサーサイト
ステッチしてみました | Comments(2) | Trackback(0)
2009/09/12.Sat

オーバルバスケット

オーバルバスケット
持ち手が動くタイプのバスケットです。
カルトナージュのお教室に通っていた時に
持ち手は割ピンで留めれば良い、と先生から伺ったのを思い出し
今回はスクラップブッキング用の割ピンを使ってみました。

底は7cm×10cmのオーバル形、高さは7cm、
ちっちゃなバスケットです。

平日は仕事から帰ってくると
家事をこなすだけで精一杯なのですが、
上手く時間を使えば(手抜きをすれば)、
1時間くらいは手仕事をする時間がとれそうです。
仕事に戻って2年が過ぎて
なんとなくペースがつかめたかも。
遅いか・・・。(^_^;)

また少しずつ、始めていきたいです。
作ってみました・カルトナージュ編 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。