--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/03/08.Thu

無事、カエル

昨年、ブログの更新をほとんどしていなかったので
1年を迎える前に3月11日のことを書き残しておこうと思います。

平成23年3月11日、東北地方で大きな地震があったあの時
私は勤め先で仕事中でした。
勤め先は市の中心部にあり、この辺りでは「大きな建物」の部類に入る
7階建ての1階です。もちろん、耐震構造の建物です。
昔から「いつか大きな地震が来る」と言われ続けている地域ですので、
縦揺れも横揺れもどんなものかは知っていました。
でもこの日の揺れ方の異様さは忘れられません。
建物がグニャリグニャリとコンニャクの様に揺れ、
しかもその揺れ方に波があるかのように次第に大きくなり、
揺れている時間も長い。こんなのは初めてでした。
TVのニュースを見た人から東北で起きた地震の揺れが
こちらに伝わってきたものだと教えられた時は本当に驚きました。
街中で配られる新聞の号外、帰宅するのに使ういつものバス(終点は海岸にある公園)は
折り返しの運転。大津波警報が出ていたので海岸から2キロ(多分)のところで
折り返しになったのです。
帰宅してTVから流される津波の映像。信じられないことばかりでした。
幸いこちらは数日後に震度5の地震があったものの、
大きな被害はなくいつもと変わらない毎日を送っていました。
ただ買い物にいくと買いだめをする人、棚からすっかりモノが無くなっている光景は
普通ではないんだ、と思わせるものでした。

ニュースで「お母さん、お母さん、どこ!?」と泣きながらお母さんを探していた女の子。
ずっとずっと心に残っています。
あれから1年近く経った今もあの女の子はどうしているのか、悲しい気持ちになります。

そんな中、5月にムスメは修学旅行でカナダへ出かけました。
震災で修学旅行なんて、という高校生もあるのだから
感謝して行かないといけないよ、と伝えておきました。
お守りがわりにあみぐるみのマスコットを持たせました。

ケロちゃんs



編み方はブティック社の「あみぐるみのちいさなストラップ」から。
顔はムスメが描くイラスト(落書き?)のカエルちゃんを見ながら作りました。
ムスメは「無事、カエル」のカエルちゃんと一緒に帰ってきました。
初めての海外でしかも震災後。カナダの皆さんから暖かく接していただき、
また日本とは違う日常を体験してきて、本人も感じることはいろいろあったようです。
英語がそこそこ通じたのも嬉しかったらしいです。

たくさんの人が帰りを待っている人の所へ「無事、帰って」いてくれたら・・・
今日も震災関連のニュースを見ながらそんなことを思いました。
スポンサーサイト
作ってみました・編み物編 | Comments(3) | Trackback(2)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。