--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/08/28.Mon

糸かけ

「かたん*ことり」のsakiさんのブログで拝見した「糸かけ」。
sakiさんに作り方を教えていただいて、ムスメと作ってみました。
糸かけ

左が私、右がムスメの作品です。
使った糸は8色。ホントは絹糸のほうが発色が良いのかもしれませんが、
お値段手ごろで色数も豊富そうだった「ファイン手縫糸」という
ポリエステルの糸を使いました。
糸かけ部分A
↑私の。
糸かけ部分B
↑ムスメの。

私のはムスメと糸をかける順番を逆にしただけです。
なのに違った印象に見えるのが面白いです。
配色も今回は夏らしく?寒色系にしてみたのですが、
予想していた以上にクールな雰囲気になりました。
また違った配色でやってみたい気がムクムクしています~。

ムスメはあまり器用なほうではないのですが、
クギ打ちは4年生の時に図工で経験済みとかで
私より上手でした。(゜o゜)・・・負けた・・・!
糸をかけるのも、最初の2色くらいは一緒にやったのですが
あとは「何本おきにかけていくか」を言うだけで
自分でサクサク進めていました。
夏休みの工作の宿題、やっと完成です~。

「糸かけクラブ」で皆さんの作品が見られます♪
スポンサーサイト
作ってみました・その他いろいろ | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
糸かけって初めて知りました!
繊細なラインがとても美しい~☆ですっ!
むかーし、定規に大きな穴が開いてて
そこに、丸型にギザギザのあるものに鉛筆を引っ掛け
くるくる回すとこんな感じの綺麗な図形ができる遊び?
したことあります♪(って、この説明じゃわかりづらいか~)
夏休みの工作って貯金箱ばかりかと思ってたら
こんなオシャレな作品もあるんですね。
秋になったら暖色系が拝見できるのかしらー?
楽しみです♪♪♪
わ~~ステキ~~~!!!
色も涼しくて夏休みの工作にピッタリですね!
それにしても細かいわ~~。
とっても綺麗です。
また違う色も楽しみにしています♪
*けいちゃんさん
私もsakiさんのところで初めて知ったんです。
シュタイナー教育のもので、数学しかも「素数」なんですって!
糸をかけるのに、1色目が釘23本ごと、2色目が21本ごと、
その後19,17,15・・・と続いていきます。
この「何本ごと」というのが素数らしいです。
そうそう、定規の穴に丸型ギザギザ形に鉛筆入れてクルクルッと
回して描くの、ありましたね~!
ちょうどあれを糸で描くような感じです。
目先の変わった夏休みの宿題になりました♪

*junさん
学校の宿題は何を作ってもOKなのですが、それだけに
毎年悩むんですよ~。
今年はいいものを教えていただきました♪
ムスメと2人で糸を選んだのですが、想像以上に涼しげ~♪になっちゃいました。
印付けしたり釘を打ったり、下準備が面倒ですが(下準備は何でも
面倒よね~!)、糸をかけ始めると楽しいですよ。
板に無地の布を貼ってもいいそうですが、私は木地のままのほうが好きかな?
次、暖色系やってみます~。
ああぁ、ステッチと同時進行で!(出来るかなぁ?)
素敵~☆
糸をかける順番を逆にするだけで
こんなにも変わるんですね~。
私も寒色系にチャレンジ!と思っていたんですけど
夏が終わってしまいそうです^^;;
*pecoさん
糸をかける順番を逆にしたくらいでは、あんまり変化はないかな?
と思ったのですが、意外と違う雰囲気になりましたね。
同じ糸で順番をランダムにしてもまた違うものが出来ちゃいそうです♪
今回材料を揃えてから、印付けと釘打ちに1日、糸かけに1日の
2日で出来ました。時間があれば1日で出来ると思います。
pecoさん、手際よく何でも作られるからきっと大丈夫ですよ!
まだまだ暑い日は続きそうだし・・・!?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。