--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/03/29.Thu

Adagio 

楽譜
ムスメは幼稚園の年中さんの頃から
某楽器メーカーの音楽教室に通っています。
小学3年からいろいろなコースに分かれるのですが、
ムスメはお友達と同じ個人レッスン・グループレッスンの2本立ての
コースに進みました。
夏の発表会葉個人レッスンを受けているピアノの発表会、
昨日の春の発表会はグループレッスンの方の発表会でした。

いつもは他のクラスと一緒に10人前後でエレクトーンで弾くのですが、
今回はムスメのクラスの6人だけ、しかも1番最後「トリ」でした。
グループレッスンはもうこれでなくなってしまうので
春の発表会は今回が最後。
その最後の発表会のために先生が選んでくださった曲は
アルビノーニの「Adagio」(アダージオ)。
6年生のお姉さんらしく、静かな静かな曲でした。

ムスメの他に、やはりパパの転勤でお引越しするお友達や
他の塾との都合で続けられなくなってしまったお友達もいて、
6人そろっての演奏ももう聞けなくなってしまうんだなぁ・・・
とまたまたシンミリしてしまいました。
ムスメ達もそれぞれに思うことがあったのでしょう。
弾いている姿はいつもよりずっとずっと真剣で一生懸命でした。

終演後、先生から記念品と修了証書を頂きました。
毎週遅い時間までレッスンしてくださった先生ともお別れです。
そしていつも見守って下さったお教室の受付の方から
6年生全員にお花を頂きました。
先生をはじめ、たくさんの方にお世話になり
楽しくレッスンを続けてこられました。
一緒のクラスのお友達、お母さん達にも恵まれて
本当に充実した6年間でした。
写真をたくさん撮って、同窓会しようねー!と
約束して皆さんとお別れしてきました。

引越しまであとわずかになりました。
家の中もダンボール箱の山が築かれています。
片付いたような、片付いていないような・・・です。
今日は家財道具のトップを切ってピアノが出発していきました。
こちらもそろそろお休みさせていただこうと思います。
皆さん、本当にお世話になりました。
遠くなってしまう方、今度はお近くになる方といろいろですが、
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
そしてありがとうございました!
ネットの方が再会次第、復活しますね。
では、またー!
日々の出来事 | Comments(0) | Trackback(0)
2007/03/19.Mon

赤いランドセル

ランドセル
先週の金曜、3月16日はムスメの小学校の卒業式でした。
雪が舞う中、ムスメは今までと同じように、ただいつものGパン姿ではなく
紺のブレザーにチェックのスカート、Pコートという「卒業式スタイル」で
行って来まーす!と出かけて行きました。
こうやって小学校への登校を見送るのは今日が最後なんだな・・・と思うと
なんだかジ~ンとしてしまいました。
なのにカンジンの卒業式、ムスメは最後の校歌斉唱のときに
ピアノ伴奏をする事になっており、それが済むまでは気が気ではなく
感激に浸る間も無く式は終了してしまいました。
私自身、もうこれで小学校とのご縁が終わってしまう
という実感が無かったからかもしれません。

6年前、転勤・引越しが決まったときに2時間泣いたムスメ。
これからこの子は大丈夫だろうか、と不安に思いましたが
社宅に年齢の近いお子さんがたくさんいたことと、
なによりお隣の同い年の女の子ととっても仲良しになれたことで
すんなり新しい生活のスタートを切ることができました。
緑の多い、公園のたくさんある街。
ヨモギを摘んで草もちを作ったり、スルメでザリガニを釣ったり。
学校のプールでヤゴを捕まえたり、冬には校庭で雪だるまを作ったり。
自転車で上り坂を立ちこぎで上れるようになったのも、
こちらへ来てからでした。
地元では出来なかったことを6年間でたくさんたくさん経験しました。
1年生の頃は前から2番目が定位置のおチビちゃんで
ランドセルを1人で背負うのも一苦労。
歩いている姿はランドセルに足が付いているようでしたが
3年生頃から背が伸び始め、あんなに大きく思えたランドセルが
いつのまにかムスメの背中で小さく小さくなっていました。

3月に入ってからは6年生は毎日卒業式の練習で、
授業はほとんどなくなっていました。
ランドセルを背負うほどの荷物もなく、手提げバッグでの登校になっていました。
最後にランドセルを背負ったのがいつだったのかも定かではなく、
当然、最後のランドセル姿を写真に収めるのも忘れてしまいました。
「小学生のシルシ」でもあったランドセルとのお別れは、
毎日の出来事の中で静かにソッとやって来たようでした。
お役目が終わったムスメの赤いランドセルは、
引越しのダンボール箱に収められるのを部屋の隅で静かに待っています。


日々の出来事 | Comments(8) | Trackback(0)
2007/02/21.Wed

イルゼ・ブラッシさん

子供の頃、母が持っていたフランス刺しゅうの本を見ていると
「あっ、これステキだな!」と思うものは必ず
「デザイン:イルゼ・ブラッシ」と書いてありました。
その後、私が刺しゅう(といってもクロスステッチですが)の世界に
踏み込むようになるのはずっとずっと後のことなのですが、
「イルゼ・ブラッシ」さんのお名前はいつも頭の中に残っていました。

そしてつい先日、実は別の本を買うつもりで本屋さんへ行ったら
なぁんと見つけてしまいました~。
イルゼ・ブラッシ本
(C)雄鶏社 「クロスステッチ イルゼ・ブラッシデザイン集より」

雄鶏社の絶版になってしまった本の中からいくつかを再現したそうです。
まさか、こんな本が出ているなんて本屋さんで見るまで知りませんでした。
子供の頃からなぜか刺しゅうといえば「イルゼ・ブラッシ」さんだったので
見つけたときはちょっと感激でした。(#^.^#)
1~3色刺しのものは伝統的なモチーフ、お花のデザインは
昔、母がこんなの刺していたな~と思うようなちょっと懐かしい感じのものです。
今見ても決して古い感じはしませんし、飽きのこないものばかりだと思います。
この本はぜひぜひ皆さんにオススメです~。
(雄鶏社とは何の関わりもございませんです、念のため!)
そして出来ることなら絶版になってしまった本も復活してほしいなぁ~!

日々の出来事 | Comments(2) | Trackback(0)
2007/01/22.Mon

東京国際キルトフェスティバル

パッチワークもキルトもやらないのですが、
1度行ってみたいと思っていた東京国際キルトフェスティバルへ行ってきました。

水道橋の駅に着いたとたん、こりゃ迷わず会場まで行けるな!
と思ってしまったほど電車を降りた皆さんの向かう先は東京ドーム!
平日でこの混雑、土・日はものすごい人出だったんでしょうねー。
すでにあっちのブースもこっちのブースも人・人・人!
キルターの皆さんの人口って多いんだなーと思いました。

会場の真ん中がキルト作家さんの作品の展示でした。
有名な先生の作品は人だかりが出来ているので
遠くからでもすぐわかりました。
クロスステッチって根気が要るって言われますが、
パッチワークやキルトのほうがもっと根気が要るんじゃないかと思いました。
作品の素晴らしさはもちろんなのですが、こんなに大きな作品を完成させる、
その気力はすごい!すごすぎる!と強く感じました~。

キルトのほかに、刺しゅうの作品の展示もありました。
私が興味を持ったのはやっぱりこちらかな?
韓国の「ポジャギ」に施された刺しゅう。
今回、初めて見ましたが遠くから見ると染めてある模様?
と思ってしまうほどでした。
細ーい糸でロングアンドショートステッチのような刺し方で
面が埋められていました。花や鳥のデザインでしたが、かわいらしくて
どこかユーモラスな感じなのにステッチはとっても繊細!
刺してある布もとっても薄いので、つれないように刺していくのは
きっと難しいと思います。
美しく刺せるようになるのには、やはりそれなりの鍛錬が必要なんだろうな
と思いました。

そして、草乃しずか先生の日本刺しゅう。
着物や帯に刺しゅうしてある作品が多いせいか、
おばさま方が熱心に見られていました。
やはりナマで作品を見るのっていいですねー。
絹糸の艶、刺しゅうの立体的な感じ。写真で見るのとは違います。
刺している途中のものも展示されていましたが、
気になったのは裏!
思わずしゃがんで下から裏側を覗いてしまいました。
やはり裏側をもキレイでしたよー。
ヘンな姿勢をしたので首の筋がおかしくなりましたが・・・。(^_^;)

お買い物は今日は自粛!と思って出かけたのですが
少ーしだけカルトナージュ用に買っちゃいました。
キルトフェスティバル戦利品
ムスメもあんまりかわいらしいのはもう好まないのですが、
ついついほしくなっちゃうんですよね・・・。
どうも私の「ツボ」らしいです。
来週のカルトナージュのお教室用に使う予定です。
で、パッチワークとキルトは・・・?
私は拝見させていただくだけで十分です~。
日々の出来事 | Comments(5) | Trackback(0)
2007/01/17.Wed

ドタバタ状態第一期無事終了

問題集
「親子で見る中学受験面接ブック」(声の教育社)
「中学入試でる順 国語長文読解」(旺文社)
「中学入試でる順 算数文章題600」(旺文社)
「受験算数総仕上げ3段階テスト50選」(東京学参)
「中学受験丸まる要点ノート 算数」(学研)

みなさん、お久しぶりです!ご心配おかけして申し訳ありませんでした。
元気にしております~。やっと今日から復活できそうです。
またよろしくお願いいたしますー。(*^。^*)

のっけからこのタイトルに問題集の画像、
みっちょん何を書くつもりだ!という感じですよね。
実は秋からのドタバタ、ムスメが受験生だったからなんです~。
おとーさんが異動になった折、1番悩んだのがムスメのこと。
4月から中学生なんです。
地元は公立優位の地域、勉強だけでなくスポーツも
トータルにできなくてはそれなりの高校を受験することが出来ません。
そんなことを含め親子3人で話し合い、本人の意思もあったので
急遽地元の私立中学を受験することになりました。

いくら関東の受験ほど厳しいものではないといっても
受験は受験です。冬休みに入ってからは毎日半べそかきながら
算数の文章題を解いてました~。(^_^;)
おかげ様で先週の土曜日に入試本番を迎え、無事合格しました。
入学手続きを済ませ、やっと心身ともに心穏やかな日々が戻ってきました。
本人もこれでTVもマンガも解禁。撮りためたドラマを見まくっています。(笑)
私はといえば、これから6年間続くお弁当作りを思うと頭が痛いです~。(泣)
でもやっとやりかけのステッチに編み物、
カルトナージュに手が出せそうです♪
日々の出来事 | Comments(8) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。